弁護士にも得意分野がある!?債務整理に強い弁護士の見分け方

債務整理に強い弁護士

評判のよい債務整理弁護士の探し方

借金問題に悩んでいる際には、督促に日々怯えて生活している人も少なくありません。債務整理の方法として、任意整理・個人再生・自己破産と3つの中から最適な方法を選んで行うことが望ましいです。しかし、弁護士に知り合いがいる人は少ないので、借金問題に強い法律事務所を探すことは視野が狭くなっている時には難しい可能性があります。

現在ではテレビCMやインターネット上のホームページからも情報が得られるようになったので、ネットから、評判の債務整理弁護士を探す所から始めると良いでしょう。

具体的な借金総額や延滞状況を紙に書き出すなどして整理した上で、借金問題解決を専門としている法律事務所をホームページから確認して、初回無料法律相談に行くことが大切です。多くの法律事務所では初回相談は無料となっており、相談してみた時の反応から正式に依頼するか決めることが必要となります。

債務整理弁護士選びの注意点

よくある勘違いとして、弁護士ならば全ての法律に詳しいと考えがちですが、実際には全ての法律に精通している法律家はいません。具体的に得意とする分野があるわけですが、相談時に法律家として分かりませんとは言わないことに注目することが重要です。

自己破産をする場合には、携帯電話は全部解約しなければならないのかという具体的な質問をした際に、自己破産手続きに慣れている法律事務所ならば、分割払いで購入した端末の支払いが残っていなければ、滞納していない限り解約されることは無いと即答されます。

普段は、交通事故や離婚問題など別の分野を専門としている場合には、即答出来ずに後で調べておくまたは検討する必要があるという回答が得られるでしょう。具体的な質問をした時に、即答できるかどうかが債務整理を得意としている法律事務所かどうかの見分け方になります。

また、債務整理に失敗してしまうと、人生に多大な影響が出てしまうので、弁護士とは必ず面談した時に説明が分かりやすいかどうかを判断基準とすることも重要です。任意整理では債権者との交渉力が重要となり、個人再生や自己破産では意思疎通がしっかり出来ていないと、手続き上のミスを誘発してしまいやすくなります。

個人再生であれば、小規模個人再生と給与所得者等再生手続のどちらを採用すべきかは支払い総額に影響し、自己破産では免責決定を受けられるかどうかの判断基準となるでしょう。依頼する本人が信頼できる法律事務所に依頼することが何よりも大切ですから、複数の法律事務所の門を叩いてから正式に依頼しても遅くはありません。