借金するならどこ?ランキング

借金するならどこ?ランキング

2019年11月15日 オフ 投稿者: visualstatistics

借金をするときには様々な方法が考えられるので、どれを利用すれば良いのか迷います。ランキングがあると参考になりますが、どのような状況でお金が必要になっているのか、何を優先するかなどで適している借り先が異なります。

金融機関のメリット

銀行ローン

まず、金融機関から借金をすると金利がかかり、返済の負担になるので少ない方が安全です。この観点で考えたときに最も適しているのが、銀行のローンです。

カードローン

目的が定まっておらず、通常の生活費などに使用する場合にはカードローンになりますが、車や住宅を購入したいときなどは目的別のローンがあるので、それらにするとさらに低金利になります。また、総量規制の対象外になるので年収の3分の1を超える金額でも借りられるのが特徴です。基本的には本人に収入がないと借りられませんが、家族の収入でも契約できるものがあります。

消費者金融

消費者金融などのノンバンクの場合には金利が高くなるので、この観点ではランキングは低いです。

ノンバンク

銀行は金利の面では特になりますが、一般的に審査が厳しくなり、以前とは異なり現在は即日融資も不可能になっています。とにかく借りたい、当日でなければ困るなど、借りやすさを重視する場合にはノンバンクを利用すると良いでしょう。

消費者金融に不安を感じる人もいますが、法改正によってグレーゾーン金利は存在せず、法外な利息が発生する心配はありません。それでも不安であれば、広告を良く見かける大手を選べば安心感があり、利便性も高いです。

ノンバンクの中でランキングすると、金利が低いものやネットだけで手続きが完結するものが上位になります。クレジットカードを申し込むときにキャッシング機能を付帯させておくのも、1つのカードで買い物と借金の両方を利用できるので便利です。

なお、これらのノンバンクを利用する場合には総量規制の対象になるため、収入が全くない場合には契約できないものが多いです。専業主婦が借りたいときには、配偶者の収入があれば契約できるところを探しましょう。

家族や友人、親族

低くても金利がかかるのを避けたいときは、家族や親族、友人などから借金をすることもできます。

ただし、相手から持たれる印象が悪くなったり返済できなくなれば人間関係が崩れる危険性があるため、絶対に返せるという自信がある場合を除いてあまり適切な方法ではないです。もし銀行よりも低金利な借り先を探しているなら、公的融資を検討してみた方が良いです。

国や自治体から借りられるものであり、低所得であったり失業中であるなど利用するための条件がありますが、負担が少なく公的機関なので安心感も高い方法です。