奨学金返済が苦しい理由と借金返済方法

奨学金返済が苦しい理由と借金返済方法

2019年11月20日 オフ 投稿者: visualstatistics

奨学金とは?

奨学金は経済的な問題を抱えている子どもでも、教育を受けて将来の可能性を広げるための支援制度です。

学ぶ機会を得ることで、よりよい上級学校への進学ひいては企業での就職も可能になり、貧困からの脱出もできます。

ただし返済をしなくていい奨学金であれば社会人として働いてからのことは何も心配ありませんが、返済が求められるものであれば借金と同じように決められた条件で少しずつ返済していかなければいけません。そして現実には奨学金をもらった学生が、社会人になって返済できずに対応してしまうケースが少なくないです。もし、滞納すれば法的な手続きが行われて、給料や家財は差し押さえられます。銀行や消費者金融からの借金と同じ感覚でないと、大事なものを失う可能性があります。

奨学金返済が苦しい理由

では、将来のために借りたのになぜ苦しい思いをすることになるのか、その理由を見てみると頑張って就職したけれども所得が低いので生活費だけで奨学金の返済まで手が回らないということが大半です。そういう状況で滞納することなく返済できる方法はあるのかというと、本業で稼げないのであれば副業をやって返済をして行くのが一番堅実です。

借金返済方法

勤める企業によっては副業禁止という規則があるでしょうが、いまはネットを使って稼げる時代です。たとえばサイトを運営してアフィリエイト収入を得たり、オークションサイトで転売をして稼ぐといった方法があります。

あるいはフリーランスとしてクラウドサービスに登録して仕事を請け負うこともできます。それならば誰にも知られることはありません。

もちろん、そういった副業は稼げるようになるまでには大変な手間と時間がかかりますから、かんたんに稼げません。でも地道に続けていけば、やがては月に数万円くらいの収入を稼ぐことも夢ではないです。その副業で稼いだ収入を奨学金の返済に回せば、少なくとも差し押さえられるようなことは防げます。

ただ、気をつけなければいけないのがネットでできる副業には、悪徳業者の仕事も混じっています。たとえばデータ入力の仕事を発注するから先に手数料を支払え、という手口でお金をだまし取ろうとします。そういった悪徳業者に関わってしまうと、収入を増やして借金の返済を楽にするどころか増やしてしまうこともあります。副業を始めるときには注意深く選ばなければいけません。

それでも、返済が難しいようであれば返済額を減額してもらう手続きをしたほうがいいです。団体によっては、生活が苦しくて返済に困っている人のために減額をしてくれる制度があります。それで返済額が減れば、完済できる可能性が高まります。