自己破産がもたらす影響を教えて

自己破産

自己破産の影響とは?

お金を借りることは難しくないので、多額の借金をしている人は決して少なくないはずです。ただ、しっかり返済することができれば良いのですが、返済することができなくなって自己破産してしまうケースが結構あります。そこで、自己破産をしたことで生じる影響について見ていきます。

まず、個人生活に対する影響を挙げることができます。

1つ目はブラックリストに載ってしまうことです。ブラックリストに載ってしまうと自分だけでなく家族もクレジットカードを利用することができなくなってしまいます。クレジットカードを頻繁に使う人が多いと思われるので、利用できなくなることを認識しておくべきです。

2つ目は官報に掲載されるので闇金業者からDMで勧誘されることです。再度苦しい思いをすることになるので絶対に手を出してはいけません。自己破産をしてしまうと公民権が剥奪されたり、子供の進学に影響が出てしまうと考えられていますが、そこまでの問題は生じないので安心してください。

また、自己破産をすると資格が制限されてしまいます。弁護士や税理士、司法書士として働いている方は資格を失ってしまうので注意が必要です。企業の役員をしている方も役員の資格を失うことになります。

ただ、資格の制限は永久に続くわけではなく、免責と同時に復権します。さらに破産管理人が選任されている場合では、裁判所の許可が得られないと引越しや旅行をすることができないので気をつけてください。

これは破産者が逃亡したり、財産を隠すことを防ぐためのルールです。正当な理由があれば裁判所は許可を出してくれるので、無許可で引越しや旅行をすることだけはしないでください。

マイホームを手放す羽目に

この他にはマイホームを手放す必要があることや保証人に責任が生じてしまう、賃貸を解除されてしまう可能性等が挙げられます。自己破産によって借金が無くなるメリットがありますが、家族や周りの人たちに迷惑をかけるおそれがあるので、よく考えた上で決めてください。